メインイメージ画像

必ず入居前確認を実行して

賃貸を希望して探し出す時は、外せない条件がある時にはそれを元に探せばいいでしょう。ネットを使って検索すればより早く探せるようです。不動産のHPでは確実に空いている物件が出るので検索にひっかかる最初の物件ほど人気が出やすいので気に入ったら早めに予約をして見に行って良ければ即借りることにしたほうが良い物件を逃しません。容易に外観や広さですぐ契約するパターンもありますが、細かい部分のチェックも忘れずにするべきです。

物件周辺の環境、セキュリティー面、プライバシーはどの程度守られているか、騒音などあるのか注意深くチェックしてのちにも安心で失敗のない賃貸の選択が出来るはずです。

住みたい物件の細かい部分まで出来る限り見て物件の全貌を知っておく役目があります。
それぞれの場所に大きな傷や汚れの有無、無理なく家中のドアや窓がきちんと動くか、排水管のつまりのありなしや臭い、エアコンや換気扇、インターホンの状態も動作確認して確実にチェックしましょう。入居後に不都合な部分があったり隠れていた破損など気が付くのは困ってしまいます。

大きな傷の原因がもっと大きな原因によるものだと住んでからわかっても自己負担で修繕となる可能性があります。住む側の負担ではない部分まで被るような事になるまでされないように住む前に確認しておいて安心して暮らせるようにしたいものです。

新たな住居が決まって引っ越し予定ならあらゆる事に住所変更をする事です。単純に住所を書く際に新住所を書くだけでなく、役所で住所変更の手続きをやらなくてはいけない事が多いですし、電気やガス水道と言った光熱費などの関係も住所変更はもちろんやっていきます。

それによっては引っ越す前に手続きしてしまえますから時間をとってまとめておき全部やってしまえば一回の手間で終わりますし、忘れた状態のままになるような事を回避できるでしょう。自分では忘れがちな事もあるのでネットで調べてチェックリストを作ると漏れがありませんね。鍵やネットで手続き可能な事も多いので良く調べましょう。